08.12月.2011 デイトナ Vベルト交換

走行距離12,000kmを超えてきましたので、Vベルトの交換をしてみました。今までは純正をそのまま使用していました。今回交換するのはデイトナ社の強化Vベルトです。純正と同寸法で、引っ張り強度、耐摩耗性、側圧剛性、伸びに強いといううたい文句です。

先ず、クランクケース側のカウルを外し、クランクケースを外します。そして、インパクトレンチでドライブフェイス(左)とクラッチ一式(右)のナットを緩め、ドライブフェイスを取り外します。

プーリの摺動面を見ると、ベルトが最大面までキッチリ当たっていて、プーリーを使い切ることが出来ていることが確認できました。(駆動系はマロッシフルチューン済み)

クラッチを一式そのまま外し、ベルトを交換します。古いベルトの幅寸法は、新品(22mm)とほとんど変わらず21.9mm位でした。サービスマニュアルでの使用限度は21mmですので、まだまだ大丈夫のようです。

あとは、新しいベルトを元の通りに入れます。この時、クラッチを手で伸ばして、ベルトを落とし込まないと、ドライブフェイスが入らないので注意が必要です。最初は滑りますので、30kmほど慣らし運転が必要です。インプレはそのあとで。

There are 2 Comments to "デイトナ Vベルト交換"

  • vietblog より:

    プーリーの摩耗を見ると調子良さそうですね(^^

    PCXはカスタムパーツが多くていいですねー。
    mioもタイや台湾メーカーのものが結構あるみたいなんですが、いかんせん言葉がわからんので結構タイヘンです。ベトナムで見つけた時は即買いしています♪

    • Aqua-saigon より:

      あざーす(・∀・)
      でも、私もパーツは全部日本から個人輸入(マロッシはイタリアから)していますよ。但し、関税で、目の玉飛び出ますが・・・。
      ベトナムで売っているパーツは、ちょっと信用できないですね。台湾やタイは、まだマシだと思います(;´∀`)
      今度、ツーリング行きましょうね♪

Write a Comment

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Essentials

Meta

Pages

Categories