27.2月.2011 Can Gio プチプチツーリング

デルタクラッチの慣らしと、Malossi入れてから高速域の伸びが鈍っていることの再確認の為、何度か行っているホーチミン中心部から南下してCan Gioまでの、片道約50km(所要1時間半)のプチプチツーリングに行ってきました。

途中、ホーチミン市南部のNha BeからBinh Hoaまでは、車やバイクも運べる渡し舟フェリーで移動します。所要15分くらいで料金は4,500VND。(約20円)

船乗り場入り口、朝は混雑しています。帰りはガラガラでした。

こんな感じでぎゅうぎゅう詰めで出発します。(私は次の便を待ちました。待ち時間は5分位です。)

こんな感じの細かい砂利道がところどころにありますが、比較的整備されていて走りやすいです。

途中、雄大な自然の景色を眺めながらツーリングできます。交通警察に途中2箇所位で遭遇しました。いつも同じ場所にいるので、大体検討が付きます。見通しの悪いカーブの先は気をつけてください。(Can Gio初心者は良く捕まってます。)

あっという間にビーチ到着。遅めの朝食に、タイガービールに海鮮チャーハンとイカチリソース炒めを食べて、滞在30分位で帰りました。朝出発すれば午前中にはホーチミン市に帰れます。 ビーチは一応泳げる環境で、ベトナム人は泳いでいますが、水は茶色く濁っています。Vung Tauと同じレベルです。

ちょっとバイクの調子を試したい場合なんかにお勧めの、ちょうどよいプチプチツーリングコースです。

それで、肝心のバイクの調子ですが、やはり純正プーリーと比較して高速の伸びがなく、85km/h位からもたつくことがはっきり分かりました。長い直線でも、ライダー標準姿勢だとメーター読み100km/h(GPS計測で約90km/h)出すのがやっとでした。パワーをつけないと本来のパフォーマンスが発揮できない! 尚、若干下り勾配の時に姿勢を伏せて、メーター読み114km/hまで出してみました、この時回転数は8,200rpm程度、ということは105~110km/h位でバリエーターのお仕事は終わり、あとはエンジン回転数でスピードを上げていくようなセッティングのようです。

ちなみに燃費はおおよそ30km/Lまで落ちています。(フルノーマルでは50km/L位) まぁこれは気にしてもしょうがないんですけど、一回の給油での航続距離が短くなるのはツーリングの時は面倒だなぁ・・・。

Write a Comment

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Essentials

Meta

Pages

Categories