23.2月.2011 Malossi マルチバリエーターとデルタクラッチ その4

引き続き、クラッチセンタースプリングを、以前の1,000rpmアップ品(Malossi付属より柔らかく、純正よりは硬い)に交換と、Weight Rollerは10.5gに戻してみました。

結果は下表の通りで、改善出来ません、むしろ遅くなっています。Weight Rollerを戻しましたので、変速域は7,500rpmに戻りましたが85km/hあたりからの伸びの無さは同じです。懸念していたベルトが落ち込まないという不具合はなさそうです。

逆に、交換後の走り出しと今朝出勤する時には、変速域が8,000rpmになったりしてしまった(しばらく走ると7,500rpmで安定)ので、ベルトが滑っているようです。センタースプリングはMalossi付属に戻すことにします。

さて、もう打つ手もありませんが、クラッチの当たりはまだ出ていませんので、ここが滑って本来のパフォーマンスが発揮されていないということも考えられる、いやそのハズ、そうあって欲しいので、しばらく慣らし運転をして最終判断したいと思います。

いずれにしても、「わかたくさん」がコメントしてくれたように、もっとパワーがあれば本来の性能が発揮されるような設計ですね。



There are 2 Comments to "Malossi マルチバリエーターとデルタクラッチ その4"

  • わかたく より:

    Vマチック部分でどんどんロングレシオに変速していっちゃうんだから、燃費を気にしないならWRを軽くしちゃうのが単純な改善策だと思いますよ。ラインナップないのかな?

    • Aqua-saigon より:

      そうですね。ラインナップはあります。ただ燃費と爆音はこれ以上悪化させたくはないので、どうしようかな~。
      わかたくさんのブログを拝見すると、JCOSTAでも変速域の回転数は7,500rpm位ですよね?
      どうして私の場合スピード乗らないのかな?単純に体重のせいか?エアクリ純正に戻してみようかな?

Write a Comment

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Essentials

Meta

Pages

Categories