21.2月.2011 Malossi マルチバリエーターとデルタクラッチ その2

まだ慣らし中ですが、我慢できないので、いつもの携帯電話のGPS機能で簡易パフォーマンス測定をしてみました!

そうすると、以前測定した、ウェイトローラー12gの時と比較し若干出だしは早くなっていますが、85km/h付近からスピードが全然伸びません。体重90kg(これでもちょっと痩せたwww)なもんで過酷なのは分かりますが、以前は同じテストコース(といっても平坦な工業団地の道路、直線約900m)で最後95km/hまで伸びたところが、今回は89km/h位でした。なぜ???

エンジン回転数は、前回書いた通り、フル加速時7,500rpmでキープされ、85km/h位までは割とスムーズに加速しますが、その後伸びなくなり、じりじりと98km/hまで粘り(伏せ無し)ましたが、回転数は7,500rpmのまま。

・・・何かおかしいですよね?

クラッチが滑ったら回転数上がるハズ。プーリー開ききってもいない様子。ということは、単純にエンジンが回らないかトルク不足な感じです・・・(汗)

今の状態(エアクリ・Wiruswin、マフラー・モリワキ)で9,500rpm10,000rpmまで回したことはあるので、ポテンシャルはあると信じると、①今回の交換と同時にエアクリ掃除したので、何かやってしまい呼吸困難?、か、②考えにくいですが、Malossi想定のノーマルエンジンと比較し、私のエンジンは7,500rpm付近のトルクがすかすかで押せない?、か、③これも考えにくいですが、MalossiがボケてWeigt Roller軽すぎ?、④というか、Malossiはそもそもノーマル仕様で設計していない?、などが考えられるのでしょうかね。

いずれにしろ、一度開けて開き量の確認と、Weight Roller重いもの(軽いもの)に交換してトライしてみます。(周りの知人が車種は違いますが、Malossiユーザー多く、Weight Rolloer共通なので在庫が有り助かります。)

詳しい方、アドバイスありましたらお願いいたします。



There are 2 Comments to "Malossi マルチバリエーターとデルタクラッチ その2"

  • わかたく より:

    J.COSTAと同じく、理論値として高速寄りのギア比を狙っているのかな?7,500rpmのままと言うのがまさにその証だと思います。WR軽すぎたら、ブンブンエンジンが回るはずですもんね。
    どうやら、マロやJ.COSTAはもっとパワーを出す、ボアアップする、といった状況に対応できるバリエーターを出していると思われます。勝手な推測ですが。(^^ゞ

    • Aqua-saigon より:

      ノーマル前提ではないんですかね・・・。伸び代があるというのはうれしいんですが、ノーマルより遅くなったら意味ないじゃん!!もうちょっと悪あがきしてみます。

Write a Comment

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Essentials

Meta

Pages

Categories